読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

峯野龍弘のアガペーブログ

心にささやかれた愛の指針

「第56回 日本ケズィック・コンベンションに想う」



                 G.サーバント 峯野龍弘

                 日本ケズィック・コンベンション中央委員長

                     

 

頌主!

ハレルヤ!

私達の思いを遥かに超えて、主は豊かに豊かにすべての面で祝福してくださいました!

本年は「祝福された生涯へのリセット」と題して、開催されました。

 主題聖句はイザヤ書55章12節でした。  
「あなたたちは喜び祝いながら出で立ち/平和のうちに導かれて行く。」

 

 

本大会と、東京大会の様子が以下をクリックして頂けるとご覧いただけます。

懐かしいですね。映像を見るとより鮮明に感動がよみがえってきます。

 

 

第56回 日本ケズィック・コンベンション

 (通称:森林公園コンベンション)

日本ケズィック・コンベンション2017(森林公園コンベンション) - YouTube

 


 

 

東京大会

東京大会 (日本ケズィック・コンベンション)2017 - YouTube



バイブル・リーディングも聖会も交わりもすべて素晴らしかったです。

 

スティーブ・ブレディ先生(イギリス)、ローバート・カンビル先生(インド)、本当に心から感謝申し上げます!時にかなたメッセージに、皆さん、全身全霊くぎづけになって聞き入っておられましたね。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、実は、56年の歴史的年輪を数えることになった日本ケズィック・コンベンションが、主の御摂理の内に本年2017年より開催地を神奈川県箱根町から埼玉県熊谷市に移すことになりました。半世紀以上に亘(わた)り親しまれ用いてきました天下の景勝地、箱根のホテル小涌園を後にして、他の場所に会場を移すにはまことに忍び難い思いがありましたが、諸般の事情からやむなく武蔵野丘陵地帯の森林公園近くのホテルヘリテージに会場を移ったのです。

 

 

思えば何と過去56年間、小僕は毎年2月には、箱根小涌園で開催される日本ケズィック・コンベンションに、欠かすことなく皆出席してきました。それゆえある方々からは、別名“Mr.ケズィック(ケズィック男)”との異名をもって呼ばれるほどでした。

 

 

小僕にとって、ケズィックは、“わが魂の故郷”のようなところで、都会に出ている人々が毎年正月には故郷に帰るように、小僕はケズィックに帰って行くのです。故郷は、良いものです。そこには少年時代過ごした懐かしい風物が留められており、帰る度に沢山の楽しい思い出がよみがえってきます。父、母、兄弟、そして少年時代共に遊んだ友たちとの懐かしい思い出などが、走馬灯のように脳裏に浮かび、何とも言えぬ喜びに浸ることが出来ます。丁度そのように小僕は、ケズィックに帰る時、献身前の青年時代における聖霊体験の思い出や、献身直後の燃えるような熱情、若き伝道者時代の忘れ難い数々の恩寵体験等を、毎回走馬灯のように思い返し、常に初心に立ち返ると共に、更に新たなる霊的刷新を与えられ、聖別と再度の献身と派遣の恵みに与って、ケズィックを終え箱根の山を下りるのでした。

 

 

こうした恵みに年々歳々与る中で小僕はいつしかケズィック・コンベンションの役職をも担うに至って、遂には東京委員会の委員長のみならず、全国の中委員長の重責をも担わせていただくことにもなりました。爾来早くも55年間、半世紀以上にも亘って、ケズィックによって自らの霊性を養って戴くことが出ました。小僕にとってもしもケズィック・コンベンションとの、この出会いと関わりがなかったとしたなら、小僕は遠の昔に霊的に枯渇し、伝道と牧会の戦線から退いてしまっていたことでしょう。小僕の今日あるのはまさにケズィック・コンベンションのお陰であったと言っても過言ではありません。

 

 

こうしたケズィック・コンベンションが、第56回目の本年を期して懐かしい箱根ホテル小涌園から、新たに森林公園のホテルヘリテージに移行したわけですが、たとえ場所が変わり会場が変わりましょうとも、決して内容が変わるわけではありません。むしろこの変化を生かして心機一転し、惰性やマンネリ化を一掃し、より充実したケズィック・コンベンションの再構築を図る絶好の機会とすべきと思いました。イザヤ書の御言葉が指し示しているように、「見よ、新しいことをわたしは行う。今や、それは芽生えている。あなたたちはそれを悟らないのか。わたしは荒れ野に道を敷き、砂漠に大河を流れさせる。」(43:19)と言われた主が、まさにお言葉通りに新たな移行と旅立ちを祝福して下さいました!

 

 

初めての会場で、皆さんにご不便、ご心配がないように、事務局・スタッフ一同、思いつく精一杯を捧げさせて頂いたのですが、恵まれておられる皆様の笑顔に逆に励まされました。

 

 

電車利用なら池袋から1時間足らずの交通至便なところ、また車使用なら教会から高速道路利用で1時間30分余りの極めて行きやすい場所です。その上、森林の中の静かな広々とした広大な敷地の中に佇む温泉豊富なリゾート・ホテルで、皇室の方々も宿泊される素敵な環境です。来年もご期待ください!

 

 

【第57回  日本ケズィック・コンベンション】

日程:2018年2月20日(火)~22日(木)

主講師:イアン・コフィ―博士(イギリス)

    ロジャー・ウィルモア博士(アメリカ)

会場:ホテル・ヘリテイジリゾート

   (埼玉県熊谷市小江川228)

 

 

 

【東京大会(日本ケズィック・コンベンション)】

日程:2018年2月24日(土)~25日(日)

主講師:イアン・コフィ―博士(イギリス)

    ロジャー・ウィルモア博士(アメリカ)

会場:淀橋教会(東京都新宿区1-17-8)

 

 

今からスケジュールをチェックしておいてください。

この絶大な恵みをお見逃しなく!

 

 

 

 全国各地のコンベンションも本年と同じ時期に2月初旬~3月初旬にかけて日本列島を縦断いたします。詳しくは、Facebook「日本ケズィック・コンベンション」 https://www.facebook.com/japankeswick/ をご覧ください。