読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

峯野龍弘のアガペーブログ

心にささやかれた愛の指針

イースター(主の御復活)を覚えて・・・

主イエスは、私たちの罪の身代わりとして、十字架にかかって死んでくださった(御受難)。しかも、主の愛は完璧で、事前に何度も予告して下さっていた通りに、十字架の死(御受難)後の復活の約束の成就!ハレルヤ!感謝に絶えません!この感動を詩にしてみました。

 

 

「甦(よみがえ)りの春」

               G.サーバン

 

自然界の中でも、

春になると多くの植物(ばんぶつ)が甦(よみがえ)るかのごとく

芽を出し、花を咲かせる。

一度は枯(か)れ、死んだように見えた草木が

まるで甦(よみがえ)ったかのように、春を歌う。

美しい春、小川のせせらぎも歌い、

野鳥が春の喜びを讃(たた)える。

 

人々よ、春の喜びの歌を歌え!

病める者、悲しむ者よ、

主の慈しみと憐(あわ)れみの御手(みて)が

豊かにあなたを包む。

 

釘跡(くぎあと)の残るイエスの御手が、

限りなくあなたを抱(いだ)き、

あなたの病は癒(いや)され、

あなたの悲しみは消え去る。

 

いにしえのイザヤも曰(いわ)く、

「主に贖(あがな)われた人々は、

帰って来て喜びの歌を歌い、

嘆(なげ)きと悲しみは消え去る」と。

 

万物が甦(よみがえ)るかのような春、

主の甦(よみがえ)りのおとずれが

耳元に聞こえて来る。

病よ去れ、悲しみよ失せよ。

 

ハレルヤ、ハレルヤ!

万物が喜び歌う甦りの春、イースター

祝えかし、歌えかし、

天地よ喜べ、主の甦りの春、イースター

   

 

f:id:minenotatsuhiro:20170516215803j:plain