峯野龍弘のアガペーブログ

心にささやかれた愛の指針

第58回 日本ケズィック・コンベンション(森林公園) 2019.2.19~21

主の聖名を心から讃美申し上げます。 まもなく、2月19日~21日に埼玉県森林公園のホテル・ヘリテイジにて、第58回日本ケズィック・コンベンションが開催されます! ケズィック・コンベンションは、1875年に英国の北部カンバーランド地方にある湖…

第7章 アガペー育児法

第7章 「ウルトラ良い子」を健全に育てるための「アガペー育児法」 さて、以上において心傷つき病める「ウルトラ良い子」の癒しの道を、詳細に学んできましたが、この一連の学びを結ぶにあたって、このような「ウルトラ良い子」たちを傷つけたり、病んだりさ…

第6章 アガペーによるフォローアップ

第6章 アガペーによるフォローアップ ―神の嘉(よみ)される8原則― さて、以上で「アガペーによる全面受容とその軌跡」を辿り、心傷つき病んでしまっていた“ウルトラ良い子”たちの「自立への7ステップ」について記してきましたが、次に「アガペーによるフ…

第5章 心傷つき病む子供たちの癒しへの道

第5章 心傷つき病む子供たちの癒しへの道 Ⅳ.アガペーによる全面受容とその軌跡(自立への7ステップ・法則) さて、以上において述べ来ったように心傷つき病んでしまったウルトラ良い子たちを癒すための最良の道として“アガペーによる全面受容”の道を説いて…

第4章 心の傷つくプロセスと諸症状②

第4章 心病む子供たちの心の傷付くプロセスと諸症状 III. 非受容と抑圧の果てのウルトラ良い子の諸症状 さて、かかるプロセスを経て遂にウルトラ良い子たちの中に、様々な病める症状が惹き起こされてまいります。先ずそれが彼らの内面に起こります。そして遂…

第4章 心の傷つくプロセスと諸症状➀

G.サーバント 第4章 心病む子供たちの心の傷付くプロセスと諸症状 さて、以上においてウルトラ良い子たちの抑圧の最大要因について詳細に亘り解説してきたが、ここではその具体的な心傷ついて行くプロセスとその諸症状について述べてみたい。 世俗の価値観に…

第3章 両親からの抑圧と諸問題④

第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 3.子供の自立心や自尊心を損なう両親の言動が惹き起す諸問題 次に子供の自立心や自尊心を損なう両親の言動が惹き起す諸問題について言及してみよう。その典型的な幾つかのケースについて紹介しよう。 (1)甘やかせ 世…

第3章 両親からの抑圧と諸問題③

G.サーバント 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 2、 父の役割と母の役割の欠如による抑圧の素地 (4) 夫婦愛を通じての人間愛の伝授の欠如 さて、父親と母親の役割の欠如の第4番目は、夫婦愛を通して我が子に伝授しなければならない人間愛の学習の欠…

第3章 両親からの抑圧と諸問題②

G.サーバント 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 2、 父の役割と母の役割の欠如による抑圧の素地 (3) 真善美、神愛聖、命霊祈、天永滅などの見えざる尊いものへの畏敬心の啓発 さて、子育てに当たるご両親たちには、またしても是非心に留めて頂きたい…

第3章 両親からの抑圧と諸問題➀

G.サーバント 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 両親からの抑圧と諸問題 さて、以上のようにウルトラ良い子の身に起こる極度の抑圧の最大原因が何であり、何に基づくものであったのかを突き止めて来ましたが、次にお互いは、その抑圧の最大の付与者、つ…

第3章  世俗的価値観と我執がもたらす二重の抑圧

G.サーバント 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 III. 世俗的価値観と我執がもたらす二重の抑圧 さて、そこでお互いが決定的に目覚め、認識し、かつ解放されていかなければならない人生の最重要課題は、お互い各人の心を抑圧し、支配し、そして虜にして…

第3章 我執(がしゅう)

第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 2、我執(がしゅう) さて、以上において縷々とウルトラ良い子に対する抑圧の最大原因であり、また同時に根本原因でもある二つの元凶の内の「世俗的価値観」について詳述してきましたが、次にもう一つの元凶である「…

第3章 世俗的価値観③

第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 世俗的価値観6). 相対主義、他者比較主義 更にまた、ウルトラ良い子たちを抑圧し、彼らを対人関係不全症候群に追い遣る恐ろしい考え方とあり方に、相対主義、他者比較主義というものがあります。そもそもウルトラ良い…

第3章 世俗の価値観②

G.サーバント 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 世俗的価値観 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 4). 欲望充足主義、名誉出世主義 さて次は、欲望充足主義、名誉出世主義という、これまた典型的な世俗的価値観を構成している恐るべき要素について、…

第3章 世俗の価値観➀

第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 そこで先ずはじめに、「世俗的価値観」の定義をしておきたいと思います。これを一口で定義することは極めて難しいことですが、ひとまず以下のように定義しておきましょう。 「世俗的価値観とは、人間各人の心の内に潜…

第3章 世俗的価値観の2大元凶(世俗の価値観と我執)

G.サーバント 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 さて、今日の日本社会においては、「ウルトラ良い子」たちが、極度の抑圧の危機に遭遇していると前述しましたが、ではその抑圧の主たる要因が何であり、その原因がどこに潜んでいたのか記してみましょう。…

「飼い葉おけの赤ちゃん」

G.サーバント 飼い葉おけの赤ちゃん それがこの世に来られたキリスト。 何ゆえにキリストは、 飼い葉おけをベビー・ベットとされたのか。 赤ちゃんは何も知らない。 それがどんなに貧しく惨(みじ)めでも、 選(よ)り好(ごの)みをしない。 寝かされたとこ…

第2章 ウルトラ良い子の8つの特質 

G.サーバント さて、ウルトラ良い子には概(おおむ)ね共通するすばらしい8つの特質が宿っています。ところが極めて悲しく残念なことは、多くの両親たちがこの彼等の特質について気づかないまま子育てをしてしまったために、その尊いウルトラよい子の性質を…

「ウルトラ良い子」論

G.サーバント 第1章 今日、テレビやラジオ、新聞などでしばしば世間を騒がせている、いわゆる「問題児」と呼ばれる多くの青少年たちがいます。しかも、残虐にして冷酷な殺人や傷害の手口のゆえに、世間からはあたかも殺人鬼のように恐れられている青少年の存…

「共感すること」

G.サーバント 共感することは素晴らしい。 共感には心を癒す力がある。 共感はどんな言葉がけより、 またどんな助けにも優って、 痛みと悲しみを癒す力がある。 人が極度の苦悩の中にある時、 その痛みと悲しみを真に理解し、 そっと寄り添い、共に身を置き…

自画像に悩む方へ(後編)

G.サーバント 前編では、「自画像」を愛せない理由について学んできましたが、今日は、「ひとたび愛せなくなってしまった「自画像」を、如何(いか)にしたら再び愛することが出来るのか」について、学んでみることにいたしましょう。 <Ⅱ、如何にしたら「…

自画像に悩む方へ(前編)

G.サーバント <序> ゴッホの有名な絵の一枚に、「自画像」と言うのがあります。筆者は中学生の頃、美術部に席を置いたことがありました。あの麦藁帽子をかぶり、パイプをくわえたゴッホの「自画像」なるものを見て、思わず笑ってしまいました。なんとも素…

新緑(しんりょく)の舞踏会(ぶとうかい)

皆様、ゴールデンウィークは、いかがお過ごしになられましたか? 私は、「駒ケ根パノラマ愛の家」で行われた、淀橋教会の合同キャンプに参加しました。老若男女75名の参加がありました。普段は、顔を合わせても挨拶程度しかしたことのなかった人たちも、グ…

イースター(主の御復活)を覚えて・・・

主イエスは、私たちの罪の身代わりとして、十字架にかかって死んでくださった(御受難)。しかも、主の愛は完璧で、事前に何度も予告して下さっていた通りに、十字架の死(御受難)後の復活の約束の成就!ハレルヤ!感謝に絶えません!この感動を詩にしてみ…

主の御受難を感謝して・・・

主の御受難(十字架)をメディテーションしている時、湧いてきた詩。 「十字架の主を仰ぐ時」 G.サーバント 十字架に釘付けられた主を 心の内に深く思い浮かべる時、 不思議と如何(いか)なる苦しみも、 そして悲しみも和(やわ)らいで行く。 時には肉体…

「第56回 日本ケズィック・コンベンションに想う」

G.サーバント 峯野龍弘 日本ケズィック・コンベンション中央委員長 頌主! ハレルヤ! 私達の思いを遥かに超えて、主は豊かに豊かにすべての面で祝福してくださいました! 本年は「祝福された生涯へのリセット」と題して、開催されました。 主題聖句はイザヤ…

日本ケズィック・コンベンション2017~ケズィックの聖所に上ろう!

人は私を「Mr.Keswick(ミスター・ケズィック)」と呼びます。ケズィックによって私のキリスト者生涯が深められ、高められ、豊かに祝福されてきた事を覚えます。先週は第45回小原十三司記念聖会でした。先代の小原師も精魂込めて大切にしてこられたケズィ…

祈りによる共同体の復興と聖霊による新紀元③

連載になっていますので、①②もお読みください。 祈りの重要性、聖霊の力について共に学んで行きましょう。 G.サーバント 峯野龍弘 Ⅳ、祈りと嘆願 預言者ダニエルは、神の御前に出で御顔を仰いで、粗布を纏い、灰をかぶり、ひたすら断食をもって祈り、嘆願し…

祈りによる共同体の復興と聖霊による新紀元②

連載になっていますので、①もお読みください。 祈りの重要性、聖霊の力について共に学んで行きましょう。 G.サーバント 峯野龍弘 Ⅱ、とりなしの祈りを捧げたダニエル 主は、ダニエルが選民イスラエルの復興のためにダニエル書9:17で切願したように、私たちに…

祈りによる共同体の復興と聖霊による新紀元①

何回かに分けて掲載します。祈りの重要性、聖霊の力について共に学んで行きましょう。 G.サーバント 峯野龍弘 序、キリスト者とアガペー共同体の使命、ミッション エゼキエル書47:12「 川のかたわら、その岸のこなたかなたに、食物となる各種の木が育つ。そ…